2021年12月05日

㊳ Outline of work on global warming

温室効果による温暖化の確かな理解、確認を阻む、温室効果以外の自然変動要因として、火山噴火と太陽黒点の周期的変動が挙げられる。
Volcanic eruptions and sunspot periodic fluctuations are other natural fluctuation factors other than the greenhouse effect that hinder the reliable understanding and confirmation of global warming due to the greenhouse effect.

ヨーロッパの気象記録に報告されている16~17世紀の厳寒期「小氷期」には、黒点がほとんど記録されていない。黒点の減少は太陽の磁場が弱く、磁場を突き抜ける宇宙線が多くなり、つくられる放射性炭素も多くなる。それが何らかの形で寒い冬とつながっているのではないかと、ズュースは提案しているが明らかにはされていない。
Almost no sunspots are recorded during the "Little Ice Age" during the freezing age of the 16th and 17th centuries, as reported in European meteorological records. The decrease in sunspots means that the magnetic field of the sun is weak, more cosmic rays penetrate the magnetic field, and more radioactive carbon is produced. Sus suggests that it may somehow be linked to the cold winter, but it has not been revealed.

1990年代の大気の研究に追加された、複雑化の別の要因の一つがフロンであり、赤外放射を驚異的に吸収することが報告された。またフロンは何世紀にわたり空気中にとどまり、一部は成層圏まで漂い紫外線で活性化して、オゾン破壊の反応触媒になる。1977年、米国はスプレー缶へのフロン使用を禁止した。
It was reported that one of the other factors of complication added to the study of the atmosphere in the 1990s was chlorofluorocarbons, which absorbed infrared radiation tremendously. Freon also stays in the air for centuries, partly drifting to the stratosphere and being activated by UV light, becoming a reaction catalyst for ozone destruction. In 1977, the United States banned the use of CFCs in spray cans.

christ7lola at 22:51コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月29日

㊲ Outline of work on global warming

1977年に米国科学アカデミーが議論に加わり、専門家のパネルによる大掛かりな検討を実施した。結論は明確だった。この結論を具体的なものとするために、パネルは数値の範囲を特定して発表することに決めた。CO2倍増に対しハンセンのGCMが予測した4度の上昇と、真鍋が最近出した約2度という数字の間のを分割して、チャーニーのパネルは次の世紀に地球が約3度プラスマイナス50%、つまり1.5度~4.5度くらい暖かくなると断言した
In 1977, the National Academy of Sciences joined the discussion and conducted a large-scale review by a panel of experts. The conclusion was clear. To make this conclusion concrete, the Panel decided to specify and publish a range of numbers. Dividing the difference between the four-degree rise predicted by Hansen's GCM against the doubling of CO2 and the recent figure of about two degrees by Manabe, Charney's panel will show that the Earth will be about three degrees plus or minus in the next century. I asserted that it would be 50% warmer, that is, 1.5 to 4.5 degrees Celsius.

温室効果によるどんな温暖化も、ランダムな自然の変動と工業起源の汚染だけでなく、ある種の基本的惑星物理学によっても覆い隠されるだろう。もし何かが大気に熱を加えたら、その大部分は海の表面近くの層に吸収される。その層が暖まっていく間は、問題の認識は遅れるはずだ。1981年にハンセンのグループは、CO2がどれくらい速く蓄積しているかを考えると、20世紀末までに、CO2による温暖化が自然の気候変動のノイズレベルを超えて現れるはずだと予測した。
Any warming due to the greenhouse effect will be obscured not only by random natural fluctuations and pollution of industrial origin, but also by some basic planetary physics. If something heats the atmosphere, most of it is absorbed by layers near the surface of the ocean. As the layer warms up, awareness of the problem should be delayed. In 1981, Hansen's group predicted that by the end of the 20th century, CO2-induced warming should exceed the noise levels of natural climate change, given how fast CO2 accumulates.

地球規模の温度を解析している英国の気候研究ユニットは1986年、平均地上温度の包括的地球規模の解析を提示した。134年間の記録の中で最も暖かい3年は、すべて1980年代だった。
前例のない温暖化が進行中なのだ
In 1986, the British Climatic Research Unit, which analyzes global temperatures, presented a comprehensive global analysis of average surface temperatures. The warmest three years of the 134-year record were all in the 1980s.
Unprecedented warming is underway.









christ7lola at 22:52コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月23日

㊱ Outline of work on global warming

とりわけ困った問題は雲の変化である。雲の種類や、大気中のどのくらいの高さに浮かんでいるかといったことで、ある地域を涼しくしたり(太陽光の反射により)、または暖かくすることも(下からの熱放射を閉じ込める)どちらもありうる。さらに、大気中の塵や化学物質の粒子からなるエーロゾルが雲の形成にどのように影響するか、ほとんど知られていなかった。
A particularly troublesome problem is the change in clouds. Depending on the type of clouds and how high they are in the atmosphere, they can either cool or warm an area (by reflecting sunlight) or (trap heat radiation from below). It is possible. Moreover, little was known about how aerosols of atmospheric dust and chemical particles affect cloud formation.

にもかかわらず、温暖化と寒冷化の選択において、科学者の意見は落ち着き始めた。自然の成り行きでは、地球は徐々に氷期に陥りつつあるだろう、だが成り行きはすでに自然ではない。
Nevertheless, scientists' opinions have begun to settle in the choice between warming and cooling. In the course of nature, the Earth will gradually fall into the glacial period, but the course is no longer natural.

さまざまな種類の研究結果はすべて同じ方向を示していた。ケロッグも指摘したように、雨は大気下層のエーロゾルを数週間のうちに洗い流す。それに、多くの国々が大気汚染を低減するために精力的に努力している。だから、エーロゾルが地球を暖めようと冷やそうと、CO2(この気体は大気中に何世紀もとどまる)の増加による温室効果が最後には優位に立つに違いない。
The results of different types of studies all pointed in the same direction. As Kellogg pointed out, rain will wash away aerosols in the lower atmosphere within a few weeks. Besides, many countries are working hard to reduce air pollution. So whether aerosols warm or cool the Earth, the greenhouse effect of increased CO2 (which stays in the atmosphere for centuries) must ultimately dominate.

christ7lola at 11:26コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月21日

㉟ Outline of work on global warming

真鍋と共同研究者たちは、空気と水蒸気が、熱を地表面から上の大気へと伝える仕組みを含んだ、モデルを作成しつつあった。しかし、必要とされる計算があまりに大規模だったため、一次元の一本のにまで単純化しなければならず、地球全体またはある緯度帯の大気をそれで表した。
Manabe and his collaborators are creating a model that includes a mechanism by which air and water vapor transfer heat from the surface of the earth to the atmosphere above. However, the calculations required were so large that they had to be simplified to a single pillar in one dimension, which represented the atmosphere of the entire globe or a latitude zone.

1967年このモデルを使い、大気中のCO2濃度の変化に対して、全地球平均温度がどれだけ変わるかを検証した。CO2濃度の倍増に対して。全地球平均温度のおよそ2度の上昇だった。この論文により、「これが憂慮すべき問題であること」を専門家に確信させた。
1967 Using this model, we examined how much the global average temperature changes with respect to changes in atmospheric CO2 concentration. For doubling the CO2 concentration. It was a rise of about 2 degrees in global average temperature. This paper convinced experts that "this is a worrying issue."

この1次元の気モデルを基本的構成要素として使い、真鍋と共同研究者リチャード・ウェザラルドは1970年代初め、GCMを組み立てた。それはまだ単純化されたもので、現実の陸と海の地形の代わりに、半分が陸で半分がの惑星だったが、それぞれの緯度における太陽光の反射は、気象衛星ニンバス3号の観測地とかなり一致していた。
Using this one-dimensional air column model as a basic component, Manabe and his collaborator Richard Weatherald assembled the GCM in the early 1970s. It's still a simplification, instead of real land and sea terrain, half land and half swamp planets, but the reflection of sunlight at each latitude is observed by meteorological satellite Nimbus 3. It was in good agreement with the ground.

しかし、モデルはまだ現実の惑星とはかけ離れており、全体的な改良を待たなければならなかった。
However, the model was still far from the real planet and had to wait for overall improvement.

christ7lola at 21:34コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月18日

㉞ Outline of work on global warming

1970年ごろまでには、計算機モデルが3日先までの天気を予報して経験則に基づく旧式の予報官よりも正しい結果を出しつつあった。地球規模の気象をモニターする公共衛星の第一号は1960年に打ち上げられ、その後数十年の間、スパイ衛星のために開発された精巧なテクノロジーを利用して、機密気象衛星がつくられ運用が続けられた。
By about 1970, computer models were forecasting weather up to three days ahead, producing more accurate results than older forecasters based on heuristics. The first public satellite with global weather was launched in 1960, and for decades, secret weather satellites used the sophisticated technology developed for spy satellites. It was created and continued to operate.

1972年のミンツと荒川によるモデルは、太陽光が季節ごとに移行することにともなう、大きな変化のおおまかなシミュレーションに成功した。
The model by Mints and Arakawa in 1972 succeeded in roughly simulating the large changes that accompany the seasonal shift of sunlight.

また、NASAのゴダード宇宙科学研究所は、惑星の大気も研究するミッションの応用として気象モデルを開発し、大循環モデルより一桁速く動き、かなり現実的に見えるシミュレーションに成功した。
In addition, NASA's Goddard Institute for Space Studies has developed a meteorological model as an application of a mission to study the atmosphere of planets, and succeeded in a simulation that moves an order of magnitude faster than the general circulation model and looks quite realistic.



christ7lola at 22:03コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月08日

㉝ Outline of work on global warming

1958年、真鍋はジョン・フォン・ノイマンが設立した、計算機モデリンググループへの参加を要請された。彼のチームは、流体力学とエネルギーに関する基本的な物理学方程式から、直接に気候を導く全地球の3次元の大気の大循環モデルを組み立てようとしていた。1965年までに、真鍋とスマゴリンスキーは大気を9つのレベルに分けて基本的な方程式を解く、3次元モデルを完成させていた。
n 1958, Manabe was invited to join a computer modeling group founded by John von Neumann. His team sought to build a global three-dimensional atmospheric general circulation model that directly derives the climate from basic physics equations for fluid dynamics and energy. By 1965, Manabe and Smagorinsky had completed a three-dimensional model by dividing the atmosphere into nine levels and solving basic equations.

しかし計算は、特定の条件のもとで、どのような種類の雲が増加するかといったことによって、決定的に左右された。モデル作成者は、「パラメタリゼーション」を開発しなければならなかった。つまり、与えられた条件のもとで一つのマス目の中にある、すべての雲がもたらす正味の効果を表す数値(パラメータ)の組を用意するのだ。
However, the calculation was decisively influenced by what kind of clouds increased under certain conditions. The modeler had to develop "parameterization". In other words, prepare a set of numerical values ​​(parameters) that represent the net effect of all clouds in one square under given conditions.

スマゴリンスキーは1969年にこういった問題を簡潔に表現した。
「我々はいま、シミュレーションの結果のばらつきが、現実の大気の構造に関する不確かさに匹敵するレベルにまで到達しつつある。」
Smagorinsky briefly described these issues in 1969. "We are now reaching a level where the variability of simulation results is comparable to the uncertainty about the structure of the real atmosphere."




christ7lola at 21:45コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

㉜ Outline of work on global warming

1976年、ドイツのダーレムで行われたワークショップで、このような不確かさが明らかになった。ボリンは、森林と土壌に人間が与える害によって、非常に大量のCO2が放出されていると主張した。大気中の濃度はそこまで速くは上昇していないのだから、海はブロッカーなどの地球化学者が計算したよりもはるかに効率的にCO2を取り込んでいるに違いない。
Such uncertainty was revealed at a workshop in Dahlem, Germany, in 1976. Borin argued that human harm to forests and soil released very large amounts of CO2. Since atmospheric concentrations are not rising that fast, the ocean must be taking up CO2 much more efficiently than geochemists such as blockers have calculated.

植物学者ジョージ・ウッドウェルは、独自の計算に基づいて、森林破壊と農業は化石燃料の燃焼による放出量と同じくらい多くのCO2を空気中に吐き出している、あるいは、その2倍の量になるかもしれないと主張した。彼のメッセージは、森林に対するわれわれの攻撃は終わらせるべきだというものだ。
Botanist George Woodwell, based on his own calculations, deforestation and agriculture emit as much or twice as much CO2 into the air as the amount released by burning fossil fuels. Insisted that it might become. His message is that our attack on the forest should end.

1970年代半ばまでに、経済的保守主義とイデオロギー的保守主義の勢力が、いかなる目的による政府の規制にも対抗する為、手の込んだ知的な主張と専門家による広報活動を進めた。地球温暖化については、化石燃料業界が多肢にわたる主張を展開し、心配すべきことは何もないと一般大衆を説得しようとした。
By the mid-1970s, economic and ideological conservative forces had made elaborate intellectual claims and expert public relations to counter government regulation for any purpose. The fossil fuel industry has made multi-faceted claims about global warming, trying to convince the general public that there is nothing to worry about.



christ7lola at 21:11コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

英単語 動詞 i

identify を見分ける、の身元を確認する
ignore を無視する
imagine を想像する、だと思う
immigrate  移住してくる
import を輸入する
impress 感動させる、感銘を与える、~を印象づける
impress (印を)押す、に刻み込む
improve を改良する、進歩する、上達する
incine を傾ける、~したい気持である、~する傾向がある
include を含む、含める
increase 増える、増やす
indicate を指し示す、指示する、暗示する
infect  伝染する、(病気を)うつす、汚染する
influence に影響を与える、影響する
inform に知らせる、通知する
inhabit (集団で)に住む、生息する
inherit を受け継ぐ、相続する
injure を傷つける、(感情を)害する、損なう
inquire を訪ねる、問い合わせる、調べる
insert を挿入する、差しはさむ
insist 強く主張する、言い張る、強く要求する
inspect を検査する、綿密に調べる、視察する
inspire を励ます、激励する、(感情を)起こさせる、霊感を与える
install 取り付ける、設置する、(ソフトを)インストールする、組み込む
instruct に指示する、命令する、に教える
insult を侮辱する
insure に保険を掛ける
intend ~するつもりである inteded for ~向けである
interest に興味を持たせる
interfere 干渉する、口出しをする、邪魔する、妨げる
interpret を通訳する、を解釈する、説明する
interrupt の邪魔をする、を中断させる
interview に面接する、対談する
introduce を紹介する、引き合わせる、(初めて)伝える、導入する、取り入れる
invade に侵入する、侵略する
invent を発明する、考案する、(話を)でっち上げる
invest を投資する、(時間、労力を)費やす
investigate 調査する、捜査する
invite を招待する、を誘う、に頼む
involve を含む、伴う、(事件に)巻き込む be involved in(with) ~に夢中になる、に関わっている
irritate いらいらさせる、怒らせる、を刺激する
iron アイロンをかける
 


christ7lola at 12:20コメント(0)英単語 & 覚え方   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年11月03日

㉛ Outline of work on global warming

木や泥炭、土壌その他、陸上の生態系とその中に存在する有機物としての炭素の蓄積は何百万年にわたりかなり安定したが、その原因はCO2が増加した場合、「肥料を与えられた」空気の中で植物はよく生い茂り、CO2はより植物に取り込まれ、木や土壌としてつくり変えられる。大気が自動的に安定させられてきた一つの説明である。
The accumulation of wood, peat, soil and other terrestrial ecosystems and the organic carbons present in them has been fairly stable for millions of years, due to the fact that they were "fertilized" when CO2 increased. Plants grow well in the air, and CO2 is more taken up by plants and transformed into trees and soil. This is one explanation for how the atmosphere has been automatically stabilized.

政府がまとめた化石燃料の使用に関する統計は、どれだけのCO2が工業生産によって大気中に入り込んでいるかを示している。
また、キーリングの測定値は、何十年も根気よく続けられて、どれだけのCO2が空気中にとどまり、グラフの曲線を年々上昇させているかを示していた。
両者の比較から、化石燃料で発生したCO2の半分以上は吸収されている。海かバイオマスのどちらかであろう。
Statistics on fossil fuel use compiled by the government show how much CO2 is entering the atmosphere through industrial production.
Keyring measurements also showed how much CO2 stayed in the air and increased the curve of the graph year after year, which had been patient for decades.
From a comparison of the two, more than half of the CO2 generated by fossil fuels is absorbed. It could be either the ocean or the biomass.


1970年代、ウォーリー・ブロッカーは海洋中の炭素の動きのプロセス計算を、生物によるものも含めて開発した。その計算によると、新しいCO2の多くを海が取り込んではいるが、全部ではなかった。残りは、何らかの方法で生物圏の中に取り込まれているはずだ。
In the 1970s, Wally Blocker developed process calculations for carbon movements in the ocean, including those by organisms. The calculations show that the ocean is taking in much of the new CO2, but not all. The rest must have been incorporated into the biosphere in some way.

木やその他の植物はCO2の肥料効果でよりみずみずしく茂っているのだろうか?植物に肥料を多く与えた場合には成長が促進されるが、それはある一定のレベルまでだということは、園芸愛好家なら誰でも知っている。世界のさまざまな種類の植物にCO2を多く与えた場合、そのレベルがどれくらいなのかは誰も知らない。
Are trees and other plants growing fresher due to the fertilizer effect of CO2? Every gardening enthusiast knows that fertilizing plants with a lot of fertilizer promotes growth, but only to a certain level. No one knows what the level of CO2 is when it is given a lot of CO2 to various kinds of plants in the world.

キーリングは警告する。「事実上バイオマスの増加率を未知数と考えざるをえない。」
陸上植物はまったくCO2を吸い込んでいないかもしれないとする予測もある。更に、森林破壊により土壌中の有機物の分解も増大するので、最終的に陸上生態系がCO2の主要発生源となる可能性もある。
Keyring warns. "In fact, we have to think of the rate of increase in biomass as an unknown number."
There are also predictions that land plants may not inhale CO2 at all. In addition, deforestation also increases the decomposition of organic matter in soil, which could ultimately make terrestrial ecosystems a major source of CO2.


christ7lola at 21:36コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2021年10月27日

㉚ Outline of work on global warming

気候科学者が顔を合わせる国際的な学会の数はしだいに増えていった。GARP委員会は、多種多様な政府機関および学術機関を協力させて一連の大規模な「実験」を計画した。顕著な例は1974年に実施されたGARP大西洋熱帯実験だ。20ヵ国から40隻の調査船と1ダースの航空機が協力し、熱帯大西洋の広い範囲で観測を行なって、大気中に入り込む熱と水分の流れを調査した。
The number of international conferences that climate scientists meet has gradually increased. The GARP Commission has planned a series of large-scale "experiments" in collaboration with a wide variety of government and academic institutions. A prominent example is the GARP Atlantic tropical experiment conducted in 1974. Forty research vessels from 20 countries and a dozen aircraft collaborated to make extensive observations of the tropical Atlantic Ocean to investigate the flow of heat and moisture into the atmosphere.

気候システムの中で、海と大気の構成要素の存在と影響が注目され始めた。アフリカの森林やシベリヤのツンドラなど、生きている生態系が何らかのかたちで、気候システムに不可欠な一部分となっているようである。しかし、地球のバイオマスと大気の関係については、ほとんど何も知られていなかった。
In the climate system, the existence and impact of sea and atmospheric components have begun to attract attention. Living ecosystems, such as African forests and Siberian tundra, appear to be somehow an integral part of the climate system. However, little was known about the relationship between the Earth's biomass and the atmosphere.



christ7lola at 10:40コメント(0)Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
読者登録
最新コメント


の直前に貼り付けてください。 -->