2021年09月26日

⑬ Outline of work on global warming

第3章 微妙なシステム
1957年、議会でレヴェルは隠喩を用いて証言した。地球そのものが宇宙船である。従って、この船の空気調整システムを監視しなければならない。
Chapter 3 Subtle system
In 1957, Level testified in parliament using metaphors. The earth itself is a spaceship. Therefore, the ship's air conditioning system must be monitored.

1947年、原子核化学者ハロルド・ユーリーは、有孔虫が殻に取り込んだ酸素を測定することによって、古代の海水温を調べる方法を見つけた。微量な同位体の酸素O18は、O16よりわずかに重く、水温によって有孔虫がそれぞれの同位体を取り込む量が変化する。
In 1947, nuclear chemist Harold Urey found a way to determine ancient seawater temperatures by measuring the oxygen taken up by foraminifera in their shells. Oxygen O18, which is a trace amount of isotope, is slightly heavier than O16, and the amount of foraminifera taking up each isotope changes depending on the water temperature.

地質学者エミリアーニーは、海底から取り出した堆積物の円筒状コアを測定することによって、ミランコビッチが計算した地球回転軸の歳差周期と、北の高緯度地帯の夏の日射量の増減(過去200万年ほどの間の主要な氷期の時系列)とが、かなり相関していることが分かった。
Geologist Emilyani measured the cylindrical cores of sediments taken from the seafloor. Increase or decrease of the amount of summer solar radiation in the northern high latitudes (past 2 millionto the major glacial time series) was found to correlate well with the precession period of the Earth's rotation axes calculated by Milankovitch .

しかし、この説明には基本的欠陥があった。地球軌道のズレによるによる日射量の変化はささいなものだ。この大気への強制効果のわずかな変化が、大陸氷床全体を成長したり衰えさせたりするものだろうか?北半球の高緯度の日射量の増加が、南半球の氷まで融かすのだろうか?
However, this explanation had a fundamental flaw. The change in the amount of solar radiation due to the deviation of the earth's orbit is trivial. Will this slight change in atmospheric coercion cause the entire continental ice sheet to grow or weaken? Will the increase in high-latitude solar radiation in the Northern Hemisphere melt the ice in the Southern Hemisphere?




christ7lola at 09:07コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アーカイブ
読者登録
最新コメント