2021年09月26日

⑭ Outline of work on global warming

1925年に気候専門家のCEPブルックスは、氷河時代が気ままに始まり終わることもありうると提案した。極地の気候の安定した状態は2種類しかないと断言した。ほとんど氷に覆われていない状態か、地球が巨大な白い帽子をかぶっている状態だ。片方から別の状態への移行は比較的ささいな摂動によって引き起こされるかもしれない。もしかしたら一つの季節の間に。
In 1925, climate expert CEP Brooks suggested that the ice age could begin and end at will. He asserted that there are only two types of stable polar climates. It is barely covered with ice, or the earth is wearing a huge white hat. The transition from one state to the other may be triggered by relatively trivial perturbations. Maybe during one season.

ラモント研究所のユーイングとドンが考案した氷床サイクル。北極海に氷がなければ、たくさんの水分が蒸発する為、北極圏周辺全域に大雪が降るだろう。雪が積もれば、大陸氷床に成長する可能性がある。積み重なった氷は世界中の海から水を奪うので、海面が下がる。これにより、北極海に流れ込む暖かい流れの通り道である浅い海峡がふさがれ、再び氷が張り詰める。すると今度は、大陸氷床に水蒸気が供給されなくなり、氷床はしだいに小さくなっていく。すると海面が上昇し、暖かい流れが再び北極海に流れ込み、そのうち海を覆っていた氷も解けるだろう。これが氷河のサイクルかもしれないというものだ。
An ice sheet cycle devised by Ewing and Don of the Lamont Institute. Without ice in the Arctic Ocean, a lot of water would evaporate and heavy snow would fall all around the Arctic Circle. If snow accumulates, it can grow to the continental ice sheet. The accumulated ice deprives the oceans of the world of water, lowering the sea level. This blocks the shallow strait, which is the path of the warm currents that flow into the Arctic Ocean, and the ice becomes tense again. Then, water vapor is no longer supplied to the continental ice sheet, and the ice sheet gradually becomes smaller. Sea level will then rise and warm currents will flow into the Arctic Ocean again, eventually melting the ice that covered the ocean. This may be a glacier cycle.。




christ7lola at 23:10コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アーカイブ
読者登録
最新コメント