2021年09月27日

⑮ Outline of work on global warming

ユーイングとドンの案は、壮大な19世紀スタイルの気候モデルとして影響をもった最後のものだった。気候の物理を理解する為のそれ以外の唯一の選択肢は数学的モデルだった。だが、1世紀にわたる努力の中で、現実の大気のふるまいに近似する数学的関数の組を導くことのできた者は誰もいなかった。
Ewing and Don's proposal was the last to have an impact as a spectacular 19th-century-style climate model. The only other option for understanding the physics of climate was the mathematical model. But in a century of effort, no one has been able to derive a set of mathematical functions that approximate the behavior of the real atmosphere.

核兵器の爆発をシミュレートする方法を精力的に考案していたのは、プリンストン大学の才気溢れる数学者ジョン・フォイ・ノイマンだった。フォン・ノイマンは数値天気予報のために計算機を使うことを主張した。
It was John von Neumann, a brilliant mathematician at Princeton University, who energetically devised a way to simulate the explosion of a nuclear weapon. Von Neumann insisted on using a calculator for numerical weather forecasts.

1955年、ノーマンフィリップスのつくり上げた数値モデルは、ジェット気流や現実的に見える低気圧などの天気現象を示す、世界初の「大循環モデル(GCM)」だった。しかし、計算の時間経過と共に、気流パターンの数値は現実の値とズレていき暴走した。
In 1955, the numerical model created by Norman Philips was the world's first "general circulation model (GCM)" showing weather phenomena such as jet streams and realistically visible cyclones. However, with the passage of time in the calculation, the numerical value of the airflow pattern deviated from the actual value and went out of control.

気候システム全体が非常に微妙なつりあいの上に成り立っていて、小さな摂動でも大きな変化が引き起こされるのではないかと、ブルックス、ユーイング、ドンなどは考えていた。摂動のフィードバックによる増幅である。
Brooks, Ewing, Don and others wondered if the entire climate system was based on a very delicate balance, and even small perturbations could cause major changes. Amplification by perturbation feedback.




christ7lola at 11:06コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント