2021年09月28日

⑯ Outline of work on global warming

マサチューセッツ工科大のエドワード・ローレンツは、天気パターンの計算機モデルを考案し、計算を長く実行する為、計算の途中で数値を取り出して再入力しようと、小数第4位を切り捨て計算機に戻した。
1か月後のシミュレートパターンは、まったく新たなパターンを生み出した。小数第4位の違いが何千回の演算で増幅され、計算全体に広がっていたのだ。
Edward Lorenz of the Massachusetts Institute of Technology devised a computer model of the weather pattern, and in order to execute the calculation for a long time, he tried to take out the numerical value and re-enter it in the middle of the calculation, and rounded down the fourth decimal place and returned it to the computer.
The simulated pattern one month later created a completely new pattern. The difference in the fourth decimal place was amplified by thousands of calculations and spread throughout the calculation.

ボールダーでの気候科学者の会議において、ローレンツは、初期条件のきわめてわずかな変化が未来の気候における莫大な変化をランダムにもたらす可能性があると説明した。
約1万1千年前に地球規模の気候シフトが起こった時、わずか1000年の間に5~10度も温度が変化した。巨大な氷床が融けるには何千年もの時間がかかるだろうが、氷床ほど大きな質量をもたない大気は、驚くほど容易に変動することがあるということが理解されつつあった。
At a meeting of climate scientists in Boulder, Lorenz explained that very small changes in initial conditions could randomly lead to huge changes in future climate.
When the global climate shift occurred about 11,000 years ago, temperatures changed by 5-10 degrees in just 1000 years. It will take thousands of years for a huge ice sheet to melt, but it is becoming understood that an atmosphere that does not have as much mass as an ice sheet can fluctuate surprisingly easily.




christ7lola at 22:19コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント