2021年09月29日

⑦ インタフェース

⑦-1
シリアルATA~
内臓周辺装置の接続規格であるATA(AT Attachment)をシリアル化した規格。データ転送の高速化が図られた周辺装置接続規格。シリアルATAは、Ultra ATAなど従来のパラレル転送方式をシリアル転送方式に変更することで、シンプルなケーブルで高速な転送速度を実現しており、従来のパラレル方式規格との互換性も保持している。 
⑦-2
USB~
USB(Universal Serial Bus)は、ほとんどのパソコンで採用されているシリアルインターフェイス。
⑦-3
IEEE 1394 & USB~
コンピュータや機器の電源を入れたまま、着脱可能。これをホットスワッピング、ホットプラグという。最大転送速度は、USB2.0で480Mbps、IEEE1394で400Mbps。




christ7lola at 09:26コメント(0) | 情報技術(IT)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント