2021年10月10日

㉓ Outline of work on global warming

気候変化の重要な単純モデルを作成したのは、ミハイル・ブディコおよびウィリアム・セラーズだ。ブディコは単純化された熱収支の方程式の組を構成したモデルを。セラーズは、簡潔明瞭なエネルギー収支モデルを構成し、現在の気候をよく再現することに成功した。
Mikhail Budico and William Cellars created important simple models of climate change. Budico is a model that constitutes a set of simplified heat balance equations. Cellars has successfully recreated the current climate by constructing a concise and clear energy balance model.

それによると小さな変化、例えば受け取る太陽エネルギーの2%の減少で、新たな氷期を引き起こす可能性があることを示唆し、また反対に人間の産業活動の増加により、現在よりはるかに暖かになるかもしれないということを示唆した。2人の描いた気候モデルは、破局的(カタストロフィー)モデルとして注目された。
It suggests that small changes, such as a 2% reduction in solar energy received, could lead to a new glacial period, and conversely, increased human industrial activity makes it much warmer than it is today. Suggested that it might be. The climate model they drew attracted attention as a catastrophe model.

地球とまったく異なる金星の大気モデルについて、カールセーガンが考察を行なった。彼は、蒸気ボイラー工学用に設計された表を用いて、水蒸気による温室効果の永続プロセスによって、大気を焦熱地獄に変えうることを証明した。その後、金星には水分がほとんど含まれず、実際と異なることが判明したが、研究プロセスについては注目を集めた。
Carl Sagan considered an atmospheric model of Venus that is completely different from the Earth. Using a table designed for steam boiler engineering, he demonstrated that the perpetual process of the greenhouse effect of steam can turn the atmosphere into a burning hell. Later, it turned out that Venus contained very little water and was different from the actual one, but his research process attracted attention.



christ7lola at 22:06コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント