2021年10月12日

㉕ Outline of work on global warming

1970年代始めにおける一般的な科学見解について、ある科学者による説明の要約はこうである。
「塵による汚染の増加はCO2の増加と逆の働きをするのだから、寒冷化と温暖化のどちらが起こるのかは誰にもわからない。いずれにせよ、気候に及ぼす人間の影響が支配的なものとなる時代に足を踏み入れつつある。」
Here is a summary of a scientist's explanation of the general scientific view of the early 1970s.
"No one knows whether cooling or warming will occur because increased pollution by dust works the opposite of increased CO2. In any case, the human impact on climate is dominant. We are stepping into an era. "

あるジャーナリストによる熱弁を紹介すると、「われわれは自然のエネルギーが蓄えられている場所に押し入り、みずからのあさましい欲望のために、それを盗んでしまった。自然の微妙なつり合いをみだりに変えた我々の行ないが、物質主義の罪人に対する神の正しき裁きと報いを招く。」
Introducing a journalist's enthusiastic speech, "We broke into a place where natural energy was stored and stole it because of our terrible desires. Our deeds that unnecessarily changed the subtle balance of nature. Invites God's righteous judgment and reward for materialist sinners. "

とにかく、世界が暖かくなるのか、寒くなりそうなのかという点ですら、科学者の意見はまとまらなかったが、気候システムの働きを理解するための努力を倍増すべきであるという点では、満場一致であった。
Scientists disagreed even on whether the world would be warm or cold anyway, but unanimously on the point that efforts to understand how the climate system works should be doubled. Met.





christ7lola at 21:27コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント