2021年10月18日

㉖ Outline of work on global warming

1970年、散らばっていた海洋科学の研究費をまとめようと中央集権化された機関「海のNASA」の設立を訴えるグループが現われ、また科学者が米国政府に働きかけて、海に関する研究プログラムと大気の研究を統合した組織(米国海洋大気庁(NOA))が生まれた。しかし、NOAAの焦点は漁場など重要な海洋資源の間題で、大気の科学はあいまいな状態にはまり込んでいた。
In 1970, a group appeared calling for the establishment of a centralized institution, "NASA of the Sea," to consolidate scattered marine science research funding, and scientists worked with the U.S. government to research programs on the ocean and the atmosphere. An organization (US Marine and Atmospheric Administration (NOA)) was born that integrated the research of. However, the focus of NOAA was on important marine resources such as fishing grounds, and atmospheric science was stuck in an ambiguous state.

気候科学者は、自分たちのための組織と資金源を求めたが、市民グループ(気候科学者)が政府の新たな計画を引き出すには困難があった。彼らは、お役所的なやり方に凝り固まっている官僚への協調した働きかけを展開し、大衆に広く伝え、同じ意見を持つ官僚と協力関係をつくり出さなければならない。
Climate scientists sought an organization and source of funding for themselves, but it was difficult for civic groups (climate scientists) to draw out new government plans. They must develop a coordinated approach to bureaucrats who are entrenched in the bureaucratic way, reach the public and create partnerships with like-minded bureaucrats.




christ7lola at 10:43コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント