2021年10月18日

㉗ Outline of work on global warming

1970年代初めに勃発した干ばつなどの環境問題に関して、マスメディアが騒いだことで、ようやく気候科学者は政府に行動を起こす機会を得た。気候変化がほんの10年前に考えられていたよりも、はるかに急激に起こるかもしれないと確信させる計算やデータが、更に彼らを駆り立てた。
The mass media's turmoil over environmental issues such as the drought that broke out in the early 1970s finally gave climate scientists the opportunity to take action on the government. Calculations and data that convinced them that climate change could occur much more rapidly than were thought just a decade ago further fueled them.

まず、米国科学アカデミーは気候変動に関する委員会を設立。気候シフトの危険を警告して、気候調査計画の実施を進めた。政府はこの分野の組織と資金を改善するための法律の草案を書き始めた。議会のある委員会は気候変化の問題を扱った史上初の聴聞会を開始。CO2の増加が惨事をもたらしかねないと証言する科学者が次々と登場することになった。
First, the National Academy of Sciences established a Commission on Climate Change. Warned of the dangers of climate shifts and proceeded with the implementation of climate research plans. The government has begun drafting legislation to improve organizations and funding in this area. A parliamentary committee has begun its first ever hearing on the issue of climate change. Scientists have emerged one after another to testify that increased CO2 can be devastating.


国のエネルギー政策の変更を促すような動きの根拠とするには、気候予測はあてになるようなレベルのものではなかったが、CO2放出、石炭の大量使用が気候の悪化をもたらしうることを科学者は危惧していたし、官僚は、CO2放出が経済的、政治的な意味合いを持つという事実を理解し始めていた。
Climate forecasts were not at a reliable level to support movements to encourage changes in national energy policy, but CO2 emissions and heavy coal use could lead to climate deterioration. Scientists were worried, and bureaucrats were beginning to understand the fact that CO2 emissions have economic and political implications.



christ7lola at 22:17コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント