2021年10月26日

㉙ Outline of work on global warming

世界気象機関(WMO)及び国際地球観測年(IGY,1957~58)がスタートしたが、地球規模のデータがあまりにも不足していた。J・F・ケネディーはこの問題に目を向け、国連総会で、より正確な気象予測や気象制御を目的とした国際的取り組みや協力を求めた。1963年WMOは世界気象監視を開始。気象観測機器の読み取りや観測用気球を飛ばしたり、衛星写真の分析などを行ない、今日まで世界中の気象予報官のために役立ってきた。
The World Meteorological Organization (WMO) and the International Geophysical Year (IGY, 1957-58) have started, but there is too little global data. JF Kennedy turned to this issue and called for international efforts and cooperation at the UN General Assembly for more accurate weather forecasting and weather control. 1963 WMO begins world weather monitoring. It has been useful for meteorological forecasters around the world by reading meteorological observation equipment, flying balloons for observation, and analyzing satellite images.

国際学術連合会議(ICSU)はWMOと交渉し、共同で地球大気研究ログラム(GARP)を設立した。主な目的は短期の気象予報の改良だったが、気候研究も含まれていた。気候科学者が顔を合わせる国際的学会の数は次第に増えていった。GARPの組織委員長であるスウェーデンの気候学者ハント・ボリンは、気候研究の国際的組織化への取り組みで高く評価されている。
The International Council for Science (ICSU) has negotiated with the WMO to jointly establish the Gratuitous ARP (GARP). The main purpose was to improve short-term weather forecasts, but it also included climate research. The number of international conferences that climate scientists meet has gradually increased. Swedish climatologist Hunt Borin, chair of the GARP Organizing Committee, is highly regarded for his efforts to organize climate research internationally.



christ7lola at 11:15コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント