2021年10月27日

㉚ Outline of work on global warming

気候科学者が顔を合わせる国際的な学会の数はしだいに増えていった。GARP委員会は、多種多様な政府機関および学術機関を協力させて一連の大規模な「実験」を計画した。顕著な例は1974年に実施されたGARP大西洋熱帯実験だ。20ヵ国から40隻の調査船と1ダースの航空機が協力し、熱帯大西洋の広い範囲で観測を行なって、大気中に入り込む熱と水分の流れを調査した。
The number of international conferences that climate scientists meet has gradually increased. The GARP Commission has planned a series of large-scale "experiments" in collaboration with a wide variety of government and academic institutions. A prominent example is the GARP Atlantic tropical experiment conducted in 1974. Forty research vessels from 20 countries and a dozen aircraft collaborated to make extensive observations of the tropical Atlantic Ocean to investigate the flow of heat and moisture into the atmosphere.

気候システムの中で、海と大気の構成要素の存在と影響が注目され始めた。アフリカの森林やシベリヤのツンドラなど、生きている生態系が何らかのかたちで、気候システムに不可欠な一部分となっているようである。しかし、地球のバイオマスと大気の関係については、ほとんど何も知られていなかった。
In the climate system, the existence and impact of sea and atmospheric components have begun to attract attention. Living ecosystems, such as African forests and Siberian tundra, appear to be somehow an integral part of the climate system. However, little was known about the relationship between the Earth's biomass and the atmosphere.



christ7lola at 10:40コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント