2021年11月08日

㉜ Outline of work on global warming

1976年、ドイツのダーレムで行われたワークショップで、このような不確かさが明らかになった。ボリンは、森林と土壌に人間が与える害によって、非常に大量のCO2が放出されていると主張した。大気中の濃度はそこまで速くは上昇していないのだから、海はブロッカーなどの地球化学者が計算したよりもはるかに効率的にCO2を取り込んでいるに違いない。
Such uncertainty was revealed at a workshop in Dahlem, Germany, in 1976. Borin argued that human harm to forests and soil released very large amounts of CO2. Since atmospheric concentrations are not rising that fast, the ocean must be taking up CO2 much more efficiently than geochemists such as blockers have calculated.

植物学者ジョージ・ウッドウェルは、独自の計算に基づいて、森林破壊と農業は化石燃料の燃焼による放出量と同じくらい多くのCO2を空気中に吐き出している、あるいは、その2倍の量になるかもしれないと主張した。彼のメッセージは、森林に対するわれわれの攻撃は終わらせるべきだというものだ。
Botanist George Woodwell, based on his own calculations, deforestation and agriculture emit as much or twice as much CO2 into the air as the amount released by burning fossil fuels. Insisted that it might become. His message is that our attack on the forest should end.

1970年代半ばまでに、経済的保守主義とイデオロギー的保守主義の勢力が、いかなる目的による政府の規制にも対抗する為、手の込んだ知的な主張と専門家による広報活動を進めた。地球温暖化については、化石燃料業界が多肢にわたる主張を展開し、心配すべきことは何もないと一般大衆を説得しようとした。
By the mid-1970s, economic and ideological conservative forces had made elaborate intellectual claims and expert public relations to counter government regulation for any purpose. The fossil fuel industry has made multi-faceted claims about global warming, trying to convince the general public that there is nothing to worry about.



christ7lola at 21:11コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント