2021年11月18日

㉞ Outline of work on global warming

1970年ごろまでには、計算機モデルが3日先までの天気を予報して経験則に基づく旧式の予報官よりも正しい結果を出しつつあった。地球規模の気象をモニターする公共衛星の第一号は1960年に打ち上げられ、その後数十年の間、スパイ衛星のために開発された精巧なテクノロジーを利用して、機密気象衛星がつくられ運用が続けられた。
By about 1970, computer models were forecasting weather up to three days ahead, producing more accurate results than older forecasters based on heuristics. The first public satellite with global weather was launched in 1960, and for decades, secret weather satellites used the sophisticated technology developed for spy satellites. It was created and continued to operate.

1972年のミンツと荒川によるモデルは、太陽光が季節ごとに移行することにともなう、大きな変化のおおまかなシミュレーションに成功した。
The model by Mints and Arakawa in 1972 succeeded in roughly simulating the large changes that accompany the seasonal shift of sunlight.

また、NASAのゴダード宇宙科学研究所は、惑星の大気も研究するミッションの応用として気象モデルを開発し、大循環モデルより一桁速く動き、かなり現実的に見えるシミュレーションに成功した。
In addition, NASA's Goddard Institute for Space Studies has developed a meteorological model as an application of a mission to study the atmosphere of planets, and succeeded in a simulation that moves an order of magnitude faster than the general circulation model and looks quite realistic.



christ7lola at 22:03コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント