2021年11月21日

㉟ Outline of work on global warming

真鍋と共同研究者たちは、空気と水蒸気が、熱を地表面から上の大気へと伝える仕組みを含んだ、モデルを作成しつつあった。しかし、必要とされる計算があまりに大規模だったため、一次元の一本のにまで単純化しなければならず、地球全体またはある緯度帯の大気をそれで表した。
Manabe and his collaborators are creating a model that includes a mechanism by which air and water vapor transfer heat from the surface of the earth to the atmosphere above. However, the calculations required were so large that they had to be simplified to a single pillar in one dimension, which represented the atmosphere of the entire globe or a latitude zone.

1967年このモデルを使い、大気中のCO2濃度の変化に対して、全地球平均温度がどれだけ変わるかを検証した。CO2濃度の倍増に対して。全地球平均温度のおよそ2度の上昇だった。この論文により、「これが憂慮すべき問題であること」を専門家に確信させた。
1967 Using this model, we examined how much the global average temperature changes with respect to changes in atmospheric CO2 concentration. For doubling the CO2 concentration. It was a rise of about 2 degrees in global average temperature. This paper convinced experts that "this is a worrying issue."

この1次元の気モデルを基本的構成要素として使い、真鍋と共同研究者リチャード・ウェザラルドは1970年代初め、GCMを組み立てた。それはまだ単純化されたもので、現実の陸と海の地形の代わりに、半分が陸で半分がの惑星だったが、それぞれの緯度における太陽光の反射は、気象衛星ニンバス3号の観測地とかなり一致していた。
Using this one-dimensional air column model as a basic component, Manabe and his collaborator Richard Weatherald assembled the GCM in the early 1970s. It's still a simplification, instead of real land and sea terrain, half land and half swamp planets, but the reflection of sunlight at each latitude is observed by meteorological satellite Nimbus 3. It was in good agreement with the ground.

しかし、モデルはまだ現実の惑星とはかけ離れており、全体的な改良を待たなければならなかった。
However, the model was still far from the real planet and had to wait for overall improvement.

christ7lola at 21:34コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント