2021年11月23日

㊱ Outline of work on global warming

とりわけ困った問題は雲の変化である。雲の種類や、大気中のどのくらいの高さに浮かんでいるかといったことで、ある地域を涼しくしたり(太陽光の反射により)、または暖かくすることも(下からの熱放射を閉じ込める)どちらもありうる。さらに、大気中の塵や化学物質の粒子からなるエーロゾルが雲の形成にどのように影響するか、ほとんど知られていなかった。
A particularly troublesome problem is the change in clouds. Depending on the type of clouds and how high they are in the atmosphere, they can either cool or warm an area (by reflecting sunlight) or (trap heat radiation from below). It is possible. Moreover, little was known about how aerosols of atmospheric dust and chemical particles affect cloud formation.

にもかかわらず、温暖化と寒冷化の選択において、科学者の意見は落ち着き始めた。自然の成り行きでは、地球は徐々に氷期に陥りつつあるだろう、だが成り行きはすでに自然ではない。
Nevertheless, scientists' opinions have begun to settle in the choice between warming and cooling. In the course of nature, the Earth will gradually fall into the glacial period, but the course is no longer natural.

さまざまな種類の研究結果はすべて同じ方向を示していた。ケロッグも指摘したように、雨は大気下層のエーロゾルを数週間のうちに洗い流す。それに、多くの国々が大気汚染を低減するために精力的に努力している。だから、エーロゾルが地球を暖めようと冷やそうと、CO2(この気体は大気中に何世紀もとどまる)の増加による温室効果が最後には優位に立つに違いない。
The results of different types of studies all pointed in the same direction. As Kellogg pointed out, rain will wash away aerosols in the lower atmosphere within a few weeks. Besides, many countries are working hard to reduce air pollution. So whether aerosols warm or cool the Earth, the greenhouse effect of increased CO2 (which stays in the atmosphere for centuries) must ultimately dominate.

christ7lola at 11:26コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント