2021年12月05日

㊳ Outline of work on global warming

温室効果による温暖化の確かな理解、確認を阻む、温室効果以外の自然変動要因として、火山噴火と太陽黒点の周期的変動が挙げられる。
Volcanic eruptions and sunspot periodic fluctuations are other natural fluctuation factors other than the greenhouse effect that hinder the reliable understanding and confirmation of global warming due to the greenhouse effect.

ヨーロッパの気象記録に報告されている16~17世紀の厳寒期「小氷期」には、黒点がほとんど記録されていない。黒点の減少は太陽の磁場が弱く、磁場を突き抜ける宇宙線が多くなり、つくられる放射性炭素も多くなる。それが何らかの形で寒い冬とつながっているのではないかと、ズュースは提案しているが明らかにはされていない。
Almost no sunspots are recorded during the "Little Ice Age" during the freezing age of the 16th and 17th centuries, as reported in European meteorological records. The decrease in sunspots means that the magnetic field of the sun is weak, more cosmic rays penetrate the magnetic field, and more radioactive carbon is produced. Sus suggests that it may somehow be linked to the cold winter, but it has not been revealed.

1990年代の大気の研究に追加された、複雑化の別の要因の一つがフロンであり、赤外放射を驚異的に吸収することが報告された。またフロンは何世紀にわたり空気中にとどまり、一部は成層圏まで漂い紫外線で活性化して、オゾン破壊の反応触媒になる。1977年、米国はスプレー缶へのフロン使用を禁止した。
It was reported that one of the other factors of complication added to the study of the atmosphere in the 1990s was chlorofluorocarbons, which absorbed infrared radiation tremendously. Freon also stays in the air for centuries, partly drifting to the stratosphere and being activated by UV light, becoming a reaction catalyst for ozone destruction. In 1977, the United States banned the use of CFCs in spray cans.

christ7lola at 22:51コメント(0) | Global Warming Analysis(温暖化問題分析)   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
読者登録
最新コメント